出産後イメージ
HOME > 体のゆがみ

体のゆがみ

出産によって、骨盤を中心に骨格が歪むことが多いのですが、
強い体の痛みもなく、自分でははっきりとした歪みを感じないこと
もあります。

また不調や体の痛みを感じた場合、姿勢を正すだけで、随分症状が
解消することもあります。

また、姿勢を正し、骨格を正常な位置に戻すと、肺が広がります。
肺が広がると肺活量が増え、基礎代謝量があがります。
また、体のバランスが良くなることで、筋肉の使われ方のバランス
も良くなり、良い姿勢が保ちやすくなります。

体に歪みがあると、肉体的に疲労感を感じるのはもちろんのこと、
知らず知らずのうちに精神的にもストレスが溜まっていきます。

頭や腰の痛み、また疲れたと感じることがあったときに、軽い
ストレッチでリフレッシュすることで症状が軽減するということが
あります。

根本的に体のゆがみないのが理想ですが、バランスが良い体を保つ
ことはなかなか難しいことです。
普段から心がけて、ゆがみ防止、矯正方法、速攻効果のある
ストレッチ方法などを知っておくことで、重大な病気の予防にも
つながります。


歪みの種類


産後の体の歪みは、主に骨盤の広がりです。

人間には5種類の歪みがあるということを知っておいてください。
骨盤の広がりもその1種。
体全体のゆがみと自分の癖を知っておくことで対策方法を検討
しましょう。

1、身体の重心の偏り
2・左右の首の傾き
3・左右のねじれ
4・前方前屈(猫背)
5・後方後屈

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る