出産後イメージ
HOME > 有酸素運動とは

有酸素運動とは

大量の酸素を必要とする運動を『有酸素運動』と言います。

しかし、実は有酸素運動の効果が表れるのは運動を始めて
20〜30分後といわれてです。体が熱くなって、じんわり汗が
でてくる時間帯ですね。

体が動き始める最初の時間は、血液中や筋肉に蓄えられた
炭水化物がエネルギーに変えられます。

パスタやバナナなどの吸収の良い食品が素早くエネルギーに
変わるため、スポーツマンに好まれるのはこのためです。

とりあえず蓄えられている炭水化物が消費された後に、体脂肪が
消費されはじめるので、それまでにかかる時間がおおよそ20分後
というわけです。

水泳、ランニング、自転車運動などが有酸素運動の代表的なものです。
もちろん有酸素運動の中にも、その激しさはいろいろですので
消費エネルギーも変わってきます。

歩くより走った方がエネルギー消費が多いのは、わかっているの
ですが、長時間走り続けるのはよほど体を鍛えているか、走ること
が好きでないと続けることは難しいですよね。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る