出産後イメージ
HOME > 骨盤矯正の必要性

骨盤矯正の必要性

赤ちゃんがお腹にいるときは、子宮がどんどん大きくなり骨盤が開きます。
骨盤は、妊娠の経過とともに徐々にゆるんでいきますが、出産後
もとに戻ることはありません。

ですから外からの力を加えて、元の位置に直してあげる必要があります。
骨盤が緩んだままだと、内臓が骨盤の中に入り込み、広がった
状態が安定してしまうことになります。

骨盤に脂肪がつくため、お腹が出たり、尻が横に広がった形に
なります。中年女性の後ろ姿で、お尻が四角く広がった状態に
なっているのは、ただ単に加齢のせいだけではなく、適切な骨盤の
回復を怠った結果ともにいます。

また骨盤は均等に広がった状態なら問題ないのですが、左右の
バランスが悪かったり、歪みをそのままにしておくと、ほかの疾患
につながる恐れがあります。出産経験がない女性でも、骨盤の
ゆがみがひどいためにひどい生理痛を感じることもあります。
ストレッチやヨガなどで体を温め、骨盤のゆがみを矯正するだけで
痛みが収まることもあります。

骨盤を正常な位置に戻すと、血液やリンパ液の循環もよくなり
正常な働きをするようになります。
特に下半身のむくみがとれ、新陳代謝がよくなるということで、
痩せやすい環境を作ることができます。

骨盤が開いている状態で食事量が増えると、骨盤の内側に脂肪が
ついてしまい、内臓も下がってきます。
体全体の、下半身に重心が下がってしまい、見た目にも下半身太り
の状態になってしまいます。

また、産後すぐに激しい運動することは少ないのですが、赤ちゃん
が大きくなるにつれて、抱っこやおんぶをする頻度も増え、重い
荷物を持つなど、体にかかる負担が大きくなってきます。

片手で重い荷物を持つ、体を支えるために重心を片側に寄せて
しまうなどの癖があると、骨盤の開きが余計にひどくなり、腰痛 肩凝りや、体の痛みも出てきてしまいます。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る