出産後イメージ
HOME > 運動によるダイエット

運動によるダイエット

運動によるダイエットには二つの目的があります。

★筋肉をつけることで、基礎代謝量を高めること
★運動そのものでカロリー消費すること

筋肉が動くときにはカロリーを使うので、筋肉量が多いほど、
日常生活の中でのカロリー消費が高いことになります。
特に意識した運動をせず、普段の体の動きで使うカロリーのことを
「基礎代謝量」といい、筋肉の多い人ほど自然にカロリーが消費
されています。

もともと女性は筋肉がつきにくい体なので、基礎代謝量が少なく、
痩せにくいというわけです。


通常のダイエットでは食事制限したり、決まった運動量をこなした
りと、プログラムを組みますが、産後ダイエットの場合、なかなか
決められたプログラムをこなすことは難しい状況にあります。

特に産後すぐには、メンタル面の不安定さ残る時期であることと、
赤ちゃんという第三者がいることにより、マイペースが難しいためです。
また、授乳は赤ちゃんのためにも摂取カロリーは必要ですし、
急激な運動は骨盤などに障害を与える場合があります。

だからといって、無計画ではスムーズに進みません。
普通のダイエットより、長期的で無理のない計画が必要です。

食事と運動でバランスの良いダイエットを心掛けなければ
なりません。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る