出産後イメージ
HOME > 三角すわりエクササイズ

三角すわりエクササイズ

★三角すわりエクササイズ1

膝を立てて三角すわりをします。斜め後ろの床に両手をおきます。
足の裏を床から浮かせ、膝を伸ばす⇔曲げる を繰り返します。
50回以上繰り返すと効果があるのですが、結構ハードです。
足がしっかりのできることを意識して、ゆっくりやるべし。
太ももの筋肉が使われることを実感できます。
いきなり50回はきついので、片足ずつから初めて、両足同時に
できるようになればGOOD!です。


★三角すわりエクササイズ2

膝を立てて三角すわりをします。
両腕を前にまっすぐのばし、ゆっくりと真後ろに体を倒します。
ゆっくりと体を起こします。
右後ろを覗き込むように、ゆっくりと体を倒します。
ゆっくりと体を起こします。
左後ろを覗き込むように、ゆっくりと体を倒します。
ゆっくりと体を起こします。
腹筋がないとこの”ゆっくり”という動作がとてもきついものです。
勢いよく倒れてしまわないように注意しましょう。


★Z字のポーズ

立て膝をします。
両腕を前にまっすぐのばし、上半身をゆっくりと反らします。
両腕をそろえたまま右方向に少しねじります。
ねじったまま、ゆっくりと後ろに反らします。
両腕をそろえたまま左方向に少しねじります。
ねじったまま、ゆっくりと後ろに反らします。

横から見て『Z』の形になっているエクササイズです。
立て膝は、体をまっすぐ伸ばすだけでもきついポーズです。
柔らかいマットの上などで行いましょう。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る