出産後イメージ
HOME > 産後ダイエットとは?

産後ダイエットとは?

産後ダイエットと普通のダイエットには、かなり意味合いの違い
があります。

基本的には、産後の母体と赤ちゃんのために急激な減量は危険。
極力、緩やかに体重を落とすために、少しずつ矯正する計画を
立てます。

本来のダイエット(痩身)の意味とはかなり違い、母体の回復
(産前の状態に戻すこと)を主に考えます。
もちろん、予定より太りすぎてしまったボディラインをきれいに
戻すことや、目標体重を妊娠時よりももっと低く設定することも
でき、スタイルを見直すチャンスでもあります。


妊娠中、子宮は胃の高さまで膨らんでおり、下腹部の皮膚も
伸びきっています。比較的小柄な私(身長155センチ)でも、
3000gの子供を産んだ時、最大で腹周りが96センチまで伸び
ました。

出産直後、赤ちゃんとともに、羊水と胎盤も排出されるため、
膨らんでいたお腹は、急激に中身を失います。
張り詰めていた皮膚は、情けないぐらいにたるんでしまいます。
一方、内部の子宮の方は、みるみる間に収縮を始めます。

二人目以降のお産で「後産」が強い、と言うのは、初産婦に比べて
経産婦の方がこの収縮の力が強いためで、陣痛に負けず劣らない
激しい痛みがあります。

一ヵ月半位をかけて、子宮は収縮を繰り返しながら元の大きさに
戻りますが、表面の皮膚と、赤ん坊が出るときにひろがった骨盤の
歪みは、外からの力を加えてあげないと戻ることができません。

出産後直ぐの産褥期から軽く運動を始めるのは、子宮の回復を
促すためですが、できるだけはやく骨盤の位置を戻すためでも
あります。

また、エクササイズと同時にベルトやサポーターなどで下腹部を
締め、伸びた皮膚が綺麗に戻るように圧力をかけます。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る