出産後イメージ
HOME > 寒天

寒天

寒天(かんてん)は、テングサ(天草)、オゴノリなどの紅藻類の
粘液質成分を凍結した後、乾燥したものです。
一般に売られている寒天は、冬の寒冷地で自然凍結と天日乾燥を
繰り返して作られている天然素材の食品です。

動物性のゼラチンを使うゼリーに対して、海藻の一種である寒天を
使うとさらにカロリーは低く、ヘルシーなダイエットおやつになります。

ゼラチンよりも、若干取り扱いが難しかったのですが、テレビ番組
で取り上げられたことから”粉寒天”が大ブームになりました。


☆☆☆☆☆

<材料>
粉寒天 … 1g
(棒寒天だったら2g)
水分 … 250g
糖分 … 適量

<作り方>
1・鍋に材料を全部入れて、火にかける。
(または、耐熱皿に入れて電子レンジでもOK)
十分に沸騰させないと、溶けません。

2・沸騰したら火を止めて、適当な器に入れて冷やし固める。

以上が基本的な寒天の調理方法。

☆☆☆☆☆


昔は寒天といえば、棒状のものが主流で、調理方法が難しい
(面倒くさい)というイメージがありました。
しかし、粉状のもので、温度や合わせる素材などをあまり気にしな
くても、すぐに溶ける調理しやすいものもつくられています。

寒天そのものにはカロリーも味もないので、合わせる素材によって
おいしく食べられるように工夫します。

ゼリーにはとろみがありますが、寒天は「固まる」感じなので、
食感もだいぶ違います。

寒天の栄養効果としては、
食物繊維 … 血糖値の上昇を抑える
ミネラル … カルシウムの吸収を促進させる
アガロオリゴ … 体内の脂肪や腸内の老廃物をだす働きがある 

おやつとしてだけではなく、飲み物に入れたり料理に入れたりして
積極的に使いたいアイテムです。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る