出産後イメージ
HOME > 妊婦の理想体重

妊婦の理想体重

妊娠中の体重増加は、8kgから10kgぐらいまでにしておく
のが理想的です。

昔の妊婦は、「二人分食べないと…」などと、栄養を十分にとる
ことを重要にいわれていたようですが、それは家事労働も十分に
こなしていた時代の話。

レトルト食品も豊富、家事の手だっていくらでも抜ける現代の
妊婦が、二人分食べ続けていくと、大変な脂肪増加になります。

科学的根拠をもってしても、たかだか3kg前後の赤ちゃんに
羊水や胎盤などを含めても、8kgにもなりません。

逆に太りすぎは、妊娠中毒症になり、赤ちゃんに栄養分が
行き届かず育ちが悪いとも言われます。

また、大きければ立派な赤ちゃんだと言われた時代もありましたが
今の産婦人科では小さくて健康に産めばOKと指導されます。

余談ですが、私は子供を二人産みましたが両方3000グラム
を超えていたため、ベビールームで並んでいる他の産まれての
赤ちゃんと比べても大きくしっかりして見えた印象があります。

このように、「妊娠中に太りすぎるのはよくない」という知識は
しっかり頭の中に入っているものの、いうことを聞かないのが
妊婦の体。

日々重くなる体で動きは鈍くなるし、必要以上にお腹が減る…。
ホルモンのイタズラのせいなのか、やはり無意識に栄養を取らな
きゃという気持ちが働くのか。

たいていの妊婦は理想体重を超えてしまうのです。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る