出産後イメージ
HOME > 授乳ホルモン

授乳ホルモン

妊娠中・出産後は、ホルモンのバランスが通常とは違っている為、
余計なストレスをかけすぎないように注意しなければなりません。
マタニティーブルーに始まり、産後ウツ状態など、自分の努力だけ
ではどうしようもないメンタル面のスパイラルに陥って、悩み苦し
んでいる女性もたくさんいます。

そんな中で、妊娠前と同じ体型に戻りたい、美しい女性でいたい、
スリムになりたいと、強く思い過ぎることは危険です。

産後ダイエットは、美しさを取り戻すために行うのではなく、
健康を維持するためということを十分理解しましょう。

ホルモンバランスが崩れているといいましたが、具体的には
出産後の女性には「プロラクチン」というホルモンが多く分泌
されています。

別名「授乳ホルモン」とも言われます。

プロラクチンは卵巣機能を抑制します。このため出産後すぐには
生理が戻らず、次の妊娠のためには時間をおくことになります。
(もちろん個人差はありますが)

母乳が出ている間は、生理が来ないと言いますが、プロラクチンの
かった母親には様々なストレスがかかっています。
言葉の通じない赤ちゃんとの24時間の対峙。
体の変化。生活の変化。

このストレスに耐えるには強い母性本能がなくてはなりません。
プロラクチンには母性本能を促す作用があります。
プロラクチンが排出されることによって、ストレスに耐えられるのです。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る