出産後イメージ
HOME > 母乳育児

母乳育児

産後6ヶ月くらいを目安に、妊娠前の体重に戻し、その後
さらにダイエットの必要性があれば1カ月に2〜3キロのペースで
目標体重まで減量していくことが理想的な計画です。

産婦の中には、そんなに努力している様子がないのに、
いつの間にかすっきり痩せている人もいます。

妊娠中の食べ物の好みがすぐに元に戻ったこと
妊娠中、それほど食事量が増えていたわけではなかった
思った以上に育児が過酷で、運動量が増えたこと
などなど。

しかし、実はなによりも、母乳育児をすること。
これは減量にとても効果的です。


1日授乳すると、約800キロカロリーの消費があります。
毎日800キロカロリー減ると、1カ月で5〜6kgの体重減に
なります。

また母乳を与えることは、子宮収縮が早くなり、早く下腹が回復し
骨盤矯正を行うことができます。

しかし実際には、それだけのカロリーを使うということは
とてもお腹が減りますし、体力も必要なので、平均的なカロリー
摂取量の1800キロカロリーよりも、もっと取っていることが
多いのですが。赤ちゃんのためにも必要カロリーはしっかり摂取し
余分なものを落としていく工夫が必要です。


800キロカロリー消費するということで、授乳期の必要カロリー
は約2600キロカロリーとされています。

800キロカロリーは赤ちゃんの栄養分として考えてもいいわけです。

ではその800キロカロリーを、高カロリーの“おやつ”で
まかなってもよいでしょうか?

授乳しているときの食事は赤ちゃんの栄養分。必要栄養素を
まんべんなく増加させることが必要で、間食を増やせばよいという
意味ではありません。

脂肪分を過剰に摂取すると、乳腺を詰まらせ母乳の出が悪くなって
しまいます。乳腺炎を引き起こすと、発熱したり傷みが出たり、
育児にも母体にも悪影響が出てしまいます。

せっかく出産で内臓の大きさが元に戻るのですから、カロリー摂取
が必要だからと、膨張する食料品を食べていても意味がありません。

こんな時こそ、少量で高たんぱくなもの、素早く高エネルギーに
変えられるものなど、その栄養の中身に注目したいところです

胃の大きさを小さくすることさえできれば、あとは授乳が終わっ
た時にカロリーを減らしていけばいいでしょう。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る