出産後イメージ
HOME > 低インシュリンダイエット(GI値)

低インシュリンダイエット(GI値)

食後に起こる体の中の働きを順をおって見てみましょう。

食事をとります。
血管内で血糖値・中性脂肪が上昇します。
すい臓で、血糖に反応してインシュリンが分泌されます。
インシュリンは、脂肪を合成させます。

血糖値は、運動量にあわせてエネルギー源とされます。
余った血糖は貯蓄されます。

この二つによって太りやすい体になってしまうのです。

太るのを防ぐためには、摂取した血糖値(食品)をすべてエネルギーとして
使ってしまえばよいので、相応の運動をするか、運動量に必要な分だけ
摂取すればよいとなります。(食事量の制限)

太るのを防ぐためには、インシュリンの分泌を抑えればいいということになります。
そこで、血糖値を急に上げない・インシュリン多く出さない食品が注目を集めています。

GI 値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。
炭水化物による血糖値の上がり具合を、相対的な比率で数字に
表したものです。

GI値の低い方が、血糖値の上昇を抑えダイエットに効果があるといわれています。
ただし、GI値が低い = カロリーが低い ことではないので注意が必要です。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る