出産後イメージ
HOME > 4群点数法

4群点数法

「4群点数法」という食事方法があります。

毎日食べるべき食品を四つのグループに分けて、それぞれに必要な
栄養を簡単に把握する食事方法です。
病院の栄養指導などで使われており、ダイエットに限らず、病後の
回復や、腎臓病・糖尿病などの病人食にも利用される方法です。

この方法では、80キロカロリーを1点とし、運動量や年齢に
あわせて必要な点数が示されています。


第一郡 ・・・ 栄養を完全にする重要な食品群
<乳製品・卵>

第二郡 ・・・ 体や筋肉、血液などを作る食品群
<魚介、肉類・豆、豆製品>

第三郡 ・・・ 体の働きを円滑にする食品群
<野菜・芋類・果物・きのこ・海藻類>

第四郡 ・・・ 力や体温となるエネルギー源の食品群
<穀物・糖分・油脂・嗜好品>

こういうふうに分割してみると、どの栄養も生活にとっては重要な
ことが分かります。


摂取したいエネルギー構成は、

・男女別
・年齢別
・生活強度別

によって細かく分けられており、
生活強度が適度な場合の、成人男性で28点、女性で22点の
エネルギー摂取が必要とされています。


体重を減らしたい場合、総合のカロリー数を抑える必要があるわけですが、
食品群の四つはどれも生活を維持するのに必要な栄養なので、
平均的に減らさなければなりません。

たとえば、1日400キロカロリー減だと、5点分減らさなければなりません。

第一郡から第三郡までを1点ずつ減らし、第4群を2点
減らす、というのがよく行う方法です。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る