出産後イメージ
HOME > 椅子を使って行う超簡単エクササイズ

椅子を使って行う超簡単エクササイズ

★膝を閉じる

座るときには、両膝をくっつけて座りましょう。

また、膝がくっついていても膝から下がハの字型に開いている、
いわゆる”女の子座り”もやめましょう。

膝下から足先までを極力閉じてまっすぐにしておきます。

パンツスタイルの時は、ついつい気が緩んで両膝も開きがちです。
見た目に座り方が美しくないばかりか、実は太ももの内側の筋肉が
弱ってしまいます。

たまには足の出るスカートをはいて外出するのもひとつの方法。
美しく座るために人目を気にしますものね。

この膝を閉じるということは、無意識のうちにできるようになる
のが理想なので、外出時に人目を意識するのはもちろん、家で
正座をする時も、椅子に座るときも、必ず膝頭に意識しましょう。

膝頭を、つけて座るのはそんなに力のいることではありませんが、
身長に合わない高いイスなどで、足が床につかずブラブラして
しまうときには、正しい形が取れなくなります。

これは、子供の姿勢を矯正する時にもいえることで、食事用の
イスなどは足の裏が全部床につくように、椅子の高さを調整する
必要があります。
(手ごろな台を足元に置くだけでOK)

もしも、正しい姿勢が取れないようなイスならば、いっそのこと
イスの上に正座してしまう方がよいのです。
膝頭をつけた姿勢が辛い場合、バスタオルなどをお尻のやや後方に
敷き、少しだけ前傾姿勢にします。


★太もも運動

椅子に浅く腰掛ます。
膝の間に、クッションや丸めたタオルを挟みます。
落とさないように両側から挟みます。
足の幅は肩幅(げんこつふたつ分)ぐらいが適当。
パソコンに向かっているときなど、何かのついでにできます。


★腹筋強化・肛門エクササイズ

軽く椅子に腰掛けます。
両足は肩幅程度に開き、腹や肩に力が入らないように楽にします。
肛門と尿道に意識し内臓の方に引き上げるイメージで力を入れます。

10秒力を入れて30秒リラックスを数回繰り返します。
速いテンポで締める・緩めるを数回繰り返します。

立った状態でもできるのですが、より下腹部のみに意識を集中させ
余分な力を使わないということで、座る方法をおすすめします。
いつでもどこでも思い立ったときにできるエクササイズです。


★上体反らし

椅子の背につかまりながら、足を交差させて立ちます。
足の間は多少開いていても大丈夫。
つま先が、両方ともそろって前を向いていること、膝がまっすぐ
伸びていることを意識します。
肛門を締めるように意識しながら、上体を後ろに反らせます。
痛いと感じるところで数秒キープし、ゆっくりと戻します
バレエの練習のようなポーズです。

お役立ち情報まとめ


▲ページトップに戻る